矢板SC

公式HP

11/2 TRM モランゴ

自分たちが上手くいかないときこそボールを握り、時間を作る意識し、相手のプレッシャーが本当に自分に向かって来ているかをjudgeすることをゲームを通して考える。自分の周りのスペースの把握。各ゾーンでのボールの運び方、リズム様々な課題があげられた。

攻撃の質、守備の質、どちらも質がいいと言えるものではなかった。個で1枚剥がせても、次のアイデア、判断がなければゴールにつながらない。常にjudgeを自分でしなければならい。しかし、まだまだそれができない。高い強度、高い質を持ちながら正確なjudgeを自らすることが必要であると考えさせられた。

攻撃から守備のトランジションが遅い、遅れることにより背後を取られる場面が多く見受けられた。組織的な守備だけではなく、個の守備を磨き上げなければならない。個のスキルアップで更なる成長、チーム活性化を図りたい。