矢板SC

公式HP

2/11 トレーニングマッチ VS FC KASUKABE

マッチレポート

守備は前線からプレスをかけてズレがでたときは後ろから埋めること意識させ「奪う」を意識した。攻撃はゾーン、レーンを意識してプレーの選択するということを意識して試合にはいってもらいました。

前からプレスをかけて高い位置で奪ってシュートまで持ち込むシーンや逆に相手に前からプレスをかけにいってマークがあいてしまい前を向かれるシーンなどもみられた。トレーニングで「奪う」を徹底してマイボールの時間を長くできるよう徹底する必要がある。

攻撃では、厳しい試合ほど得点のチャンスは少ない。1回のチャンスをしっかり決めて勝つ。これはu-13リーグで選手、全員が感じた部分だと思う。

常に目の前のことで余裕がなくなっては次につながらない。数的不利な状況でも攻守においてタフな選手になることが大切である。

FC KASUKABEの皆様がありがとうございました。

保護者の皆様ありがとうございました。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE