矢板SC

公式HP

2/15 県1部リーグ vsともぞうSC

〜マッチレポート〜

試合の入りから選手に硬さが見られた。ボールを保持しようとしても自分が楽になるように消極的なパスが多かった。立ち上がりの15分で自分達のパスミスが重なり失点。相手のプレスを掻い潜るため、個人でのボール保持、効果的なパスの本数が増えると自分達が主導権を握れる時間がかなり増えた。しかし、ゾーン 2からゾーン 3に侵入するまでに時間がかかった。侵入できてもゾーン 3でのミスが多く、やりきれないことが多く見られた。2失点目も自分達のミス。セットプレーをものにできなかったことが自分達の痛手となった。もっとタフに、もっとあらーとに常に上を求めなければならないと感じさせられた。この敗戦から学ぶことはかなり多い。次節に向け更なる準備が必要不可欠である。

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE