矢板SC

公式HP

7/11 U-14 TM Jスポーツ

自陣から保持を開始する回数が圧倒的に多いゲームだった。相手のプレッシャーから逃げる回数が多く、相手の守備位置の内側にボールを運ぶことが出来なかった。相手にボールを晒す選手が多く奪われる局面が多く見られる。チーム戦術よりも先に、今以上に個人スキルの向上に焦点を当ててトレーニングしていかななければならないと感じさせられた。

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Send to LINE